脂性肌こめかみニキビ

脂性肌の人にできるこめかみニキビの4つの原因

 

髪の毛の刺激

 

画像

女性の場合ほとんどの人がこめかみに髪の毛が触れていることがあります。
こめかみは汗をかきやすい場所だったり外部からの刺激が多い場所で
脂性肌の人は特に皮脂の分泌の多いところで
髪の毛の整髪料や油分や汚れなどが刺激となってニキビができたり
ニキビができていたり治りかけている時でも悪化したりしてしまいます。

 

髪の毛がかからないような髪型にしたり、ピンで留めたりして
なるべく髪の毛に触れないようにすることや
汗をかいたら清潔なタオルなどで拭き取ることが大切です。

 

 

シャンプーやリンスなどのすすぎ残し

 

画像

シャンプーやリンスやコンディショナーなどのすすぎ残しは
ニキビや肌荒れの原因や肌がかゆくなったりしてきます。
すすぎの時に下を向いている人は特にこめかみなど顔の部分にでき
上を向いているとうなじや背中などにできやすくなります

 

リンスやコンディショナーの質感を残そうとすすぎが甘い人が多いので
しっかりとすすぐことを意識しましょう。
シャンプーと洗顔を一緒にしている人は洗顔を最後にするようにして
洗顔料のすすぎ残しもないようにすればかなり改善できると思います。

 

 

ストレス

 

画像

ストレスなどでホルモンバランスが乱れた時はこめかみや
顎の皮脂の分泌が過剰になり毛穴に詰まりやすく
肌が延焼してきてニキビができやすくなります。
睡眠不足や食生活でもホルモンバランスが崩れやすいので
生活習慣を見直すのもこめかみニキビを改善する上で大切です。

 

ニキビを改善するストレス解消法のオススメはリラックスすることです。
お風呂にゆっくり入ったり睡眠したりすることです。
運動も結構が良くなり新陳代謝が促されますが
しかし激しい運動は逆にストレスの原因になるので
適度な運動ならストレスも解消されます。

 

スキンケア

 

画像

脂性肌のニキビ対策にはスキンケアがとても大切になってきますが
過度なスキンケアは逆効果の場合もあります。
ニキビには洗顔や保湿が効果的で1日に何回も洗顔したりすることは
肌に負担がかかり肌の回復が遅くなってしまいます。

 

脂性肌は肌が乾燥していることで脂っぽくなっていることがあり、
乾燥していないと思って化粧水をつけていない人もいるようです。
乾燥が原因で皮脂が出て脂性肌になっていることがあるので
保湿はしっかりしましょう。